home
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. 2017


二つの役割を担って
健祥会バーデン・アネックス落成式

2017/02/22(WED) 健祥会バーデン

高松市塩江町の老人保健施設 健祥会バーデンで、20床の増築工事が完了し、 健祥会バーデン・アネックスとして落成式が行われました。
式典会場では、1997年の健祥会バーデン落成式の折の映像が流され、健祥会グループ創始者中村博彦が、「この塩江の地で、行政と高齢者施設と医療が連携する福祉健康ネットワークのモデルづくりをすすめたい」と決意を述べる姿が映し出されました。


式典には、高松市長 大西秀人様代理 塩江支所長 岡本正昭様、参議院議員木村義雄様代理 竹内康弘様をはじめ、香川県老人福祉施設協議会会長 野口義尚様代理 中條弘矩様、高松市社会福祉協議会塩江所長 尾形進様、塩江地区老人クラブ連合会会長 長尾哲夫様、高松市病院事業管理者 塩谷泰一様、高松市市民病院塩江分院院長 関貫聖二様、高松市地域包括支援センター保健師長 土井千鶴子様、高松市社会福祉協議会塩江主任 藤沢知子様、塩江地区土地改良区理事長 星野道雄様、水利・土地改良総代 福井静夫様、地域の自治会長、老人クラブ会長、民生委員、第三者委員の皆様、工事関係者の方々にご列席いただき落成を祝いました。
健祥会バーデン・アネックスの施設概要の紹介に続き、健祥会グループ理事長中村太一がご挨拶申し上げました。

 


健祥会グループ理事長中村太一 挨拶(抜粋)

今年、老人保健施設健祥会バーデンは20周年、ケアハウス健祥会リブレは25周年を迎えます。この間、お世話いただき、お支えいただいた多くの方々のお顔が脳裏に浮かびます。そして父 中村博彦をはじめ、他界なさった方々もおられますが、今、新しいスタートをきっと見守ってくださっていることと思います。
私たちには二つの役割があります。一つは最新の技とハードで、質の高い介護・医療サービスと心のケアをご提供すること。社会保障費の増大という難題が突きつけられてはいますが、25年間の評価に甘えることなく、老健本来の目的である在宅復帰への支援に努めます。
二つめは、塩江の町の活性化のお役に立つことです。大阪ですら人口減となり、生き残るために地方創生の知恵比べが繰り広げられています。この塩江温泉に活気がふたたび戻ってくるよう、私たちに何ができるかを考えつつ、地域の皆様と手を携えてまいりますので、ご指導ご助言ご提言を賜りますようお願い申し上げます。3施設は地域の資源です。気軽に交流していただけますよう、これまで以上に地域のための運営に邁進してまいります。


ご来賓を代表してお二方より、ご祝辞を頂戴しました。

高松市長 大西秀人様 代理
高松市塩江支所長 岡本正昭様

団塊世代が 75 歳以上の後期高齢者となる2025年を見据えて、高松市では3ヶ年にわたる第6期高松市高齢者保健福祉計画のもと、地域包括ケアシステム構築を推進し、住み慣れた地で安心して住み続けられるよう、切れ目のない介護医療の提供態勢をめざしています。そして、努力してもなかなか供給が需要に追いつかない状況下にあって、健祥会バーデン・アネックスの開設はこのうえない喜びです。人生の幾山河を越えてこられた皆様方の安心の暮らしを保証する施設でありますよう、祈念いたしております。

参議院議員木村義雄様
代読 竹内康弘様

健祥会バーデンは、塩江をドイツの健康保養の町であるバーデン・バーデンのようにしようと私が提案し、中村博彦先生が命名なさった思い入れのある施設です。あれから20年、高齢化の著しく進む中、このたびの増床をとても嬉しく心強く思います。介護福祉のパイオニアとして、健祥会さんの果たす役割はますます大きくなっており、よりいっそうの進化発展を期待申し上げます。


バーデン・リブレ利用者様にも参加いただき、くす玉を開いて落成を祝ったのち、出席者の皆様方に施設見学をしていただきました。


飛び交うホタルをイメージしたデザイン

健祥会バーデンアネックスは、ホタルと文化の里にふさわしい施設でありたいとの願いを込めて南側外壁にホタルをイメージしたデザインが施されています。夜には飛び交うホタルのように明りが灯り、昼間は角度によって色の変化が楽しめます。

健祥会グループ初導入の自立支援ユニットバス

2階に食堂、機能訓練コーナーと3つの浴室。3階には個室4室と4人用居室が4室、ご自宅らしさに近づけるよう、すべての部屋が異なる内装で設えられています。


館内サインには特殊な素材を使用しており角度によって異なる表情を見せてくれます。


3つのお風呂のうちの一つが、健祥会グループ初導入の自立支援ユニットバスです。湯船も移乗台も手摺も可動式なので、体格や疾病の状態に合わせてレイアウト変更が可能。様々なニーズに対応し、自立入浴を安心快適にサポートします。家庭のお風呂のようなユニット型ですからご自宅での入浴への橋渡しとなります。そのほか、車椅子用特浴と個浴、3つのお風呂のどれもが使いやすさ快適さを追求した最新式のモデルです。


また、アネックスでは日常生活そのものをリハビリと考え、生活リハビリテーションに重点をおいたケアで在宅復帰を支援します。毎日自然に取り組めるよう、食堂に隣接した機能訓練コーナーに従来機器に加え、歩行アシストなどの最新機器も取り揃えています。


居室も共用空間も、館内はどこも明るく広々としており、内装や調度にも自然素材のぬくもりいっぱい。心を元気にしてくれそうな色使いと安心安全への心配りが随所にみられます。この場所で、穏やかな気持ちで在宅復帰をめざしていただけますよう精一杯支援いたします。


内覧会へふるってお越しください

2/22(水)14:00~16:00、23(木)10:00~16:00の間、内覧会を開催していますので、ぜひ充実の設備をご見学にお越しください。
開所は3月1日。高松市と塩江分院との関係を大切に、地域としっかり連携しながら、心を込めた施設づくりを行ってまいりますので、一層のご指導ご支援をお願いいたします。関係各位のご尽力に心より感謝申し上げます。

老人保健施設 健祥会バーデン

〒761-1612 香川県高松市塩江町安原上東137番地
TEL 087-893-1220 / FAX 087-893-1160
barden@kensyokai.or.jp

 

掲載日:2017/02/22(WED)


Loading


VS東京ええやん徳島